読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Journal

外資系金融機関勤務の著者がFXなどの投資系、金融系コラムを中心に書くブログ

確定拠出年金で元本確保型を選んでいる人があまりに多くて驚いた話

元本確保型で投資をしていない人が大多数

先日、僕が加入している確定拠出年金の運用報告書が届いたので目を通していました。それなりの利回りが出ていたので良かったのですが、それよりもあまりに多くの人が確定拠出年金であっても元本確保型を選択していて驚きました。

これは僕に届いた運用報告書に記載されている運用利回りのデータです。運用利回りとは、要するにどれくらい儲かったかを表す指標です。僕の昨年の運用利回りは4.8%とまずまずな数値です。棒グラフで星がついている部分が僕が該当する運用利回りですね。

全体の平均は1.6%なので、単純に平均の3倍の利回りを出せたことになります。しかし、この棒グラフの中で突出して大きい部分がありますね。運用利回り0%の部分です。これはつまり、元本確保型を選択しており、実際には投資していない人が圧倒的に多いということです。

f:id:shohama1232:20170225210246j:plain


そもそも確定拠出年金は、加入者本人が金融商品を選択し、自分の年金を運用していく制度のことです。株価が上昇するなどして運用成績が向上すれば受給できる年金額も増えますが、逆に運用成績が悪ければ受給できる年金額が減ってしまいます。ただ、確定拠出年金のような長期的な運用を前提とした制度で投資をしないのはもったいないと個人的に感じます。

長期投資は基本的に儲かる

確定拠出年金は基本的に10年以上の長期投資が前提となります。僕はいま20代ですから、年金を受給するのはまだ30年以上先のことです。つまり、確定拠出年金は年金という性格上、長期投資になるのです。そして、長期投資というのは基本的に儲かるのです。以前執筆したiDeCoについて解説したエントリーでもこのように書いています。

iDeCoは長期投資が基本になるので、原則は株式投資信託でのんびり運用することがオススメです。私も自分の年金は株式投資信託で運用しています。

なぜかというと、株式というのは長期的にみれば基本的に上昇するからです。今でも世界経済は成長しています。世界経済が成長すれば、企業の利益も増え、株価も上がる。単純な理論ですが、長期投資をすれば割と適当にやっても儲かります。

中でも世界全体の株式に投資する世界株式の投資信託は特定の国に投資先を限定しないので、世界経済が成長すれば株価も上昇しやすいです。特定の国、たとえばバブルの頃に日本株式に投資をしていたら、20年以上たった今でも損をしています。そうしたリスクを回避するために、世界株式というのはいい投資先だと思います。

 
しかも、確定拠出年金の場合は一度にドカンと投資するのではなく、毎月少しずつ積み立てで投資していきます。時間を分散させることでリスクも下がるため、さらに負けにくくなります。

つまり確定拠出年金という制度上、自動的に長期投資と時間分散ができるので、元々損しにくいシステムとなっているのです。しかも、長期投資ということは複利効果がかなりきいてきます。これで投資しないほうがもったいないでしょう。

老後に必要な数千万円、あなたは準備できますか?

年金や退職金を考慮しても、老後資金として最低2000~3000万円は自分で工面しなくてはならないようです。詳しくはこちらの方のブログがよくまとまっています。

余裕を持たせて夫87歳、妻92歳まで生きると仮定し、最低限の生活のためには月24万円、ややゆとりある生活のためには月30万円かかるとすると、最低限生活では1億776万円、ゆとり生活では1億1856万円確保しなければならない。しかし年金が7274万円支給されるので「不足分は最低限生活で3502万円、ゆとり生活で4582万円になります」。 

 

でも、老後資金として3000万円用意するというのはかなり大変ですよね。贅沢しようと思えば、それこそ5000万円以上は必要になってくるでしょう。

退職金が高額ならいいですが、本当に退職金だけで足りるでしょうか。

僕は投資をしているというと勇気があると言われることがあります。僕は逆だと考えています。つまり、老後資金をちゃんと用意できるかわからないのに、何もしていない人のほうが勇気があると思うということです。

個人型確定拠出年金iDeCO)も始まり、さらに確定拠出年金は便利なものになりました。税金もかなり優遇されます。詳しくは先ほど紹介したエントリーにまとめていますのでご参考にしてください。

確定拠出年金くらい、元本確保型にせず、積極的に投資をしてみたらいかがでしょうか。

【USD/JPY様子見】様子見だが崩れたら売りでついていきたい

前回のエントリーでは値動きが読みにくくなりそうだからしばらく様子を見たいと書きました。案の定、方向感がなくトレードしづらい相場になりました。こういう時は無理に仕掛けず、わかりやすい相場になるのをのんびり待ちましょう。

トレードで利益を上げるために必要なのはいかに利益をあげるかではなく、いかに損失を減らすかです。私はこの事実に気付くのに2年を要しました。よくわからない相場は様子を見る。これを徹底しましょう。

いまもレンジ気味で方向感があまりないのですが、どちらかというとショートしたい相場になってきました。ではまずは4時間足から見ていきましょう。

4時間足

f:id:shohama1232:20170223204751p:plain


4時間足はレンジですが、上値は移動平均線に抑えられて徐々に切り下げてきています。つまり、弱々しいレンジでいつ下にブレイクしてもおかしくない形となっているということです。

水色の丸で囲んだサポートゾーンには注目しています。ここは目立つサポートラインが引けるからです。ここをブレイクしたら本腰でショートを入れてみたいと思います。それまでは様子見か、お試しに少しショートしてみる程度で対応します。

MAに上値を抑えられていることを根拠に今からショートしてみても悪くないと思いますが、個人的にはもう少し方向感が出てから本格参戦したいですね。


1時間足

f:id:shohama1232:20170223204722p:plain


1時間足は上値が方向感がない動きとなった後、MAで上値が抑えられトレンドを形成しているのがわかるでしょう。しかし、これは本格的なものではありません。これが本格的なトレンドになるためには赤のサポートラインをブレイクする必要があります。

今からお試しに売ってみてもいいですが、赤のサポートラインをブレイクした後、サポートラインやMAを壁にして戻り売りを仕掛けるのがセオリーです。

まとめると、いまはまだ様子見ですが、これが崩れてきたらサポートラインが引ける111円後半までショートで狙ってみたいと思います。値幅が結構あるので、サポートラインをブレイクするまで待っても遅くはないでしょう。

【USD/JPY様子見】少しわかりづらい相場で無理に仕掛ける必要もない

前回のエントリーではまずは下落を想定して売りから仕掛けたいと書きました。実際、1度売りから入って損切りする結果となりました。


前回は中期MAか+2σを壁にして売りを仕掛け、日足の直近安値までを狙うトレードを想定していました。しかし、想定に反して反発する展開となりました。1時間足で今までの値動きをおさらいしましょう。

1時間足

f:id:shohama1232:20170221212129p:plain


前回のエントリーは青丸の手前で書きました。想定通り中期MAまで反発してきたところで売りを仕掛けました。しかし、その後はレンジに移行してしまい、半日ほど膠着状態となってしまいました。

この時点ではまだショートポジションはホールドしていました。しかし、レンジの終点で比較的大きな陽線が出た時点で諦めて損切りしました。レンジになったところまでは許容できたのですが、大きな陽線が出てしまい反発の兆しが見えたからです。この時点で自分のトレードプランとは違った展開になったので損切りです。

恐らく僕と同じようなショートポジションを持ったトレーダーも同じことを考えたでしょう。だからショートカバーで一気に吹き上がる展開となりました。ここで損切りできないと損失がどんどん膨らんでしまいます。こういう時は逃げるが勝ち、損切りはしっかり行いましょう。

今後の展開としては、1時間足は上昇トレンドになっていますが、強く買いたいとは思いません。このトレンドが長く続くかあまり確信が持てないからです。なぜか?4時間足を見てみましょう。

4時間足

f:id:shohama1232:20170221213020p:plain

4時間足は乱高下するレンジの展開となっています。もちろん、このまま吹き上がって1時間足レベルでは綺麗な上昇トレンドになることもあるのですが、個人的には無理に仕掛けたくはありません。

青丸部分は値動きも読みにくいですし、すぐに相場が反転して利益が損失に変ってしまうこともよくあります。難しい相場では様子をみるのが基本です。スキャルピングなら短期的な吹き上がりを狙って買ってもいいですが、デイトレレベルなら様子見でしょう。

まとめると、いまは少しわかりづらい相場なのですが、もう少しわかりやすい相場になるのを待ちたいと思います。

【USD/JPY売り】想定以上に弱い 売り検討

前回のエントリーではレンジになりそうなため様子をみたいと書きました。結局、目立ったレンジは形成せず素直に下落してくる展開となりました。想定していたより弱いため、まずは売りを検討したいと思います。


日足は反発したところを中期MAに綺麗に叩かれています。こういう時は素直に直近安値までの下落を想定してトレードプランをたてます。もちろん、このまま切りあがってくることはあるのですが、どちらかというとサポートライン付近まで下がることが多いです。

日足

f:id:shohama1232:20170218194359p:plain


なぜかというと、いま売っている人は白のサポートラインまでは売り続けようと思いますし、逆に買いたい人はサポートラインで買おうと思うからですね。つまり、今は買いの力の空白地点なのです。売っている人はまだ買い戻さない、買いたい人はサポートラインまで出てこない。ということは、単純にサポートラインまで下がる可能性のほうが高いということです。つまり、まずは売りを検討すべき場面ということです。では4時間足を見てみましょう。

4時間足

f:id:shohama1232:20170218194715p:plain


4時間足も結局は崩れてきました。こうなると、とりあえずは白のサポートラインをターゲットに売りを仕掛けたいと思います。今の地点から売ってしまって急落に乗れることもあるのですが、まずはおとなしく反発を待ちたいと思います。エントリーポイントとしてはまずは赤線の短期MA、その後は青線の中期MA付近でしょう。

反発がこずにそのまま急落してしまうと、売っておけばよかったと後悔するかもしれませんがそれは間違いです。大抵の場合は反発があり、ジリジリと踏みあげられます。仮に急落してしまってエントリーできなくても、全く後悔する必要はありません。

1時間足

f:id:shohama1232:20170218195147p:plain


具体的なエントリータイミングは1時間足を見てみましょう。赤線の短期MAから売ってもいいのですが、既に相当下落しています。こういう場合は、中期MAか+2σまで反発することが多いのです。

そのため、中期MAまで反発してきたらいったん売りを仕掛けたいと思います。たとえ中期MAを抜かれても、+2σを壁にして売り検討です。+2σを抜かれたら少し様子をみます。

まとめると、今は買いたい人たちというのがなかなか出てきにくい相場状況です。こういう時はストンと直近のサポートラインまで落ちてくれることを想定してトレードを仕掛けていきます。つまり、短期足のMA付近や+2σで一度は素直に売ってみたいということです。

 

【USD/JPY様子見】どっちつかずで何とも言えない相場は様子を見る

昨日は調整前の最後の急騰を狙って、急騰したらさっさと利食いしたいと書きました。結局、想定通りの展開となり、急騰した後は調整する展開となっています。


昨日の急騰を狙って114円30銭でロングポジションを仕込んだのは前回のエントリーに書いた通りです。前回のエントリーでは、急騰後は調整するからさっさと利食いしたいと書きました。現状はその通りの展開となっています。

1時間足

f:id:shohama1232:20170216213520p:plain

昨日ロングを仕掛けたのは赤丸付近です。調整に入る前に一度は急騰すると想定していて、急騰後は無理せずすぐに利食いたいと書きました。青丸部分で想定通りの急騰がきましたので、114円90銭で利食いし、+60pipsとなりました。

トレードの醍醐味はやはり自分の想定通りに相場が動いた時ですね。本当に気持ちがいいものです。急騰後は案の定調整して下落しています。ではここから売りからと言われあると何とも言えないというのが正直なところです。

ショートしてもすぐに突き上げられそうで、無理して売りたくはないというのが本音です。

4時間足

f:id:shohama1232:20170216213914p:plain

 短期的な上昇トレンドを下抜けたものの、まだ上昇トレンド気味です。こういう相場展開の時は、1時間足レベルでショートしたい場面がきてもすぐに突き上げられることが多いです。

つまり、どっちつかずの相場展開になりやすく、様子を見たいということです。今からは無理してポジションをとる必要もなく、方向性がはっきりしてから仕掛けたほうが勝率もいいでしょう。しばらく様子をみたいと思います。