読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Journal

外資系金融機関勤務の著者がFXなどの投資系、金融系コラムを中心に書くブログ

【USD/JPY様子見】少しわかりづらい相場で無理に仕掛ける必要もない

前回のエントリーではまずは下落を想定して売りから仕掛けたいと書きました。実際、1度売りから入って損切りする結果となりました。


前回は中期MAか+2σを壁にして売りを仕掛け、日足の直近安値までを狙うトレードを想定していました。しかし、想定に反して反発する展開となりました。1時間足で今までの値動きをおさらいしましょう。

1時間足

f:id:shohama1232:20170221212129p:plain


前回のエントリーは青丸の手前で書きました。想定通り中期MAまで反発してきたところで売りを仕掛けました。しかし、その後はレンジに移行してしまい、半日ほど膠着状態となってしまいました。

この時点ではまだショートポジションはホールドしていました。しかし、レンジの終点で比較的大きな陽線が出た時点で諦めて損切りしました。レンジになったところまでは許容できたのですが、大きな陽線が出てしまい反発の兆しが見えたからです。この時点で自分のトレードプランとは違った展開になったので損切りです。

恐らく僕と同じようなショートポジションを持ったトレーダーも同じことを考えたでしょう。だからショートカバーで一気に吹き上がる展開となりました。ここで損切りできないと損失がどんどん膨らんでしまいます。こういう時は逃げるが勝ち、損切りはしっかり行いましょう。

今後の展開としては、1時間足は上昇トレンドになっていますが、強く買いたいとは思いません。このトレンドが長く続くかあまり確信が持てないからです。なぜか?4時間足を見てみましょう。

4時間足

f:id:shohama1232:20170221213020p:plain

4時間足は乱高下するレンジの展開となっています。もちろん、このまま吹き上がって1時間足レベルでは綺麗な上昇トレンドになることもあるのですが、個人的には無理に仕掛けたくはありません。

青丸部分は値動きも読みにくいですし、すぐに相場が反転して利益が損失に変ってしまうこともよくあります。難しい相場では様子をみるのが基本です。スキャルピングなら短期的な吹き上がりを狙って買ってもいいですが、デイトレレベルなら様子見でしょう。

まとめると、いまは少しわかりづらい相場なのですが、もう少しわかりやすい相場になるのを待ちたいと思います。