読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Journal

外資系金融機関勤務の著者がFXなどの投資系、金融系コラムを中心に書くブログ

【USD/JPY買い】目線が変わった大陽線 短期的な急騰を予想

トレード解説

前回のエントリーでレンジ展開を想定して売りたいと書きました。しかし、イエレン議長の議会証言で目先の利上げ期待が高まると一気に急騰する展開となりました。


こうなると下手に売りはできません。下落すると買い損ねた人たちが買ってきますから、中々下がりにくいと考えます。どちらかというと勢いに乗ってロングし、思惑通り上昇したらさっさと利食いするトレードプランを想定します。

私自身もいまはロングのポジションを持っています。今のポジションは急騰したらさっさと利食いするスタンスで考えていて、あまり長く持ちたくありません。

 日足

f:id:shohama1232:20170215204450p:plain


日足は中期MAを下から抜けてきました。こうなると日足レベルでショートしていた人たちの損切を巻き込んで短期的にボリジャーバンドの+2σまで急騰しやすい展開となります。つまり、もし自分がまだショートしているなら今はいったん撤退したほうがいいということです。

一旦撤退し、+2σから売りなおすほうが値幅も勝率も大きいでしょう。もし買っているなら、日足レベルの損切りによる急騰を狙うと考えたほうがよく、あまり長く持たないほうがいいでしょう。

4時間足

f:id:shohama1232:20170215204916p:plain

 

4時間足は注目してい赤色のレジスタンスラインを超えてきました。これで目線は上方向に切り替わりました。ただ、この上昇が長続きするとは考えておらず、この後は調整が入ってどっちつかずの方向になると想定しています。

いまロングのポジションを仕込んだのは、調整に入る前の最後の急騰を狙っているためです。この形になると短期的に急騰しやすいのです。

1時間足

f:id:shohama1232:20170215205515p:plain


私がロングのポジションを仕掛けたのは今朝の最初の押し目付近です。ターゲットはどこかといえば、キリ番かつ+2σ付近となる115円です。このように、急騰後に徐々にチャートが切りあがっていくと最後に急騰することが多いのです。今回のロングは完全にその急騰狙いです。いまのところ30pipsほど含み益となっています。

思惑どおり急騰してくれればすぐに利食いしようと思います。MAを下に割れてくるようなら撤退ですね。

まとめると、いまの買いはあくまで短期的なものです。長く持てるような買いではないので、今回のエントリーの買い推奨も短期的なプランとお考え下さい。