読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Journal

外資系金融機関勤務の著者がFXなどの投資系、金融系コラムを中心に書くブログ

投資家になろう!1万円から気軽に始められる投資サービスを紹介する

投資コラム

f:id:shohama1232:20160615174240j:plain

自分が貸したお金に利子がついて返ってくる瞬間、自分が買った株が値上がりして利益が出た瞬間、そして何よりも自分の口座残高が増えていくのを見ることほど気持ちのいいことを僕は知らない。一度味わうともう忘れられないほどの快感だ。

ぜひこの快感を多くの人に味わって欲しいのだが、ほとんどの人はこの快感を知らないまま一生を過ごす。それは恐らく、始め方がわかなかったり敷居が高いと感じているからだろう。

実はいまは1万円などの少額で、そしてゲーム感覚で投資を始めることができるサービスがたくさんある。投資を始めるのに小難しい知識や大金など必要ない。もっと気軽に投資家デビューして、資本主義の世界をもっと楽しもう。

今回は投資家デビューするのに最適なサービスを紹介していこう。

Ownersbook 不動産投資入門に最適

f:id:shohama1232:20160615161848p:plain

不動産投資と聞くと、数千万円から数億円の資金が必要で、マンションやアパートを丸ごと買って家賃収入を得るというイメージを持っている人も多いだろう。実は不動産投資はもっと気軽に始めることができる。

Ownersbookは1万円から不動産投資を始めることができるクラウドファンディングサービスだ。Ownersbookのサイトにはいくつかの投資案件があり、自分が気に入った案件に少額から投資ができる。他の投資家とのコミュニケーションもとれるので、情報交換しながら投資家仲間を増やすこともできる。

実際の投資案件一覧ページ

f:id:shohama1232:20160615163529p:plain

投資案件のページにはそれぞれの募集金額や運用期間、利回りなどが掲載されており、自分が好きな案件に投資ができる。ここから各案件の利回りや運用期間を比較して条件が良いものを選んでもよし、立地から選んでもよしだ。気になった案件があれば各案件のページから詳細を確認できる。

案件の詳細ページ

f:id:shohama1232:20160615172748p:plain

 案件の詳細ページにはリスクやポイント、財務構造などがわかりやすく掲載されているため、自分がその案件に投資すべきか、あるいはいくら投資すべきかを考える材料となる。この投資判断こそが投資の醍醐味であり、最高に知的で面白いところなのだ。

Ownersbookは不動産投資初心者にとって学ぶべき材料をたくさん提供してくれる。少額で実際に投資しつつ、不動産投資についても学べるため、不動産投資デビューにはうってつけのサービスといえるだろう。

 One Tap Buy 株式投資をゲーム感覚で学ぶ

f:id:shohama1232:20160616092326p:plain

One Tap Buyはスマホで1万円から簡単に株取引ができるサービスだ。 現在取引できるのはFacebookAppleなどアメリカの超有名企業30社。

One Tap Buyはなんといってもそのとっつきやすさが特徴だ。取引画面はいたってシンプルで、1万円から株式を購入できる。

f:id:shohama1232:20160616101340p:plain

過去の取引履歴や運用状況も簡単に把握でき、ゲーム感覚で株式投資をすることができる。投資初心者を念頭に作られており、投資先企業の歴史や株式投資について漫画で学ぶこともでき、楽しく株式投資を学ぶことができるので、株式投資をこれから始めたいという人にはぜひともオススメしたいサービスだ。

 maneo 個人で企業に融資してみよう

f:id:shohama1232:20160616103859p:plain

最近ソーシャルレンディングという言葉に注目が集まっている。ソーシャルレンディングとはネット上でお金を借りたい人や企業とお金を貸したい人を仲介するマッチングサービスだ。

海外ではお金を貸したい個人と借りたい個人など、個人間で融資を行うサービスも展開されているが、日本では法整備などの問題もあり、現時点では複数の主に個人が企業に対して貸付を行うサービスが主流となっている。

maneoは個人が企業に対して気軽に融資できるプラットフォームを提供している。複数の個人が資金を出し合ってローンファンドを組成し、2件以上の借り手に対して融資するのが基本的な仕組みとなっている。

f:id:shohama1232:20160616110029p:plain

Ownersbookと同様に、maneoのWebページには複数の案件が掲載されており、自分が気に入った案件に投資できる。融資先企業は実に様々で、アミューズメント企業もあれば太陽光発電事業を展開している企業もある。

どの案件に融資するかを決めるために各案件のページに行けば詳細な情報を確認することができる。

融資案件の詳細ページ

f:id:shohama1232:20160616111304p:plain

 f:id:shohama1232:20160616111449p:plain

詳細ページにいけば投資可能金額から融資先企業の事業内容、融資スキームなど詳細な情報が手に入る。この詳細な情報を吟味して、融資案件に参加するのか、いくら融資するのかを考えていくのだが、ここが投資の一番面白いところだ。

最終的に自分が貸したお金に利子がついて戻ってきたときの快感は是非味わってほしい。

THEO 運用はロボアドバイザーにお任せ 

f:id:shohama1232:20160616115627p:plain

THEOはロボットが自分に最適なポートフォリオをアドバイスしてくれるロボアドバイザリーサービスで、10万円から投資をスタートできる。

自分の年齢や運用期間、投資スタイルに合わせてポートフォリオを提案してくれるため、自分でいちいち考える必要がない。投資を始めたいがとにかく面倒くさいという人にはまさにピッタリのサービスだ。

ロボットが勝手に何に投資するのか考えてくれるので、あとは提案された投資対象のETFに投資することになる。ETFって何?という人は以下の解説ページにどうぞ。

ETFの仕組み - 投資信託協会

まずは自分の投資スタイルを無料で診断してもらおう。ちなみに僕はこんな感じで適当に診断してみた。

実際の診断画面

f:id:shohama1232:20160616120148p:plain

その診断結果がこちら。 

実際の診断結果ページ 

f:id:shohama1232:20160616115940p:plainf:id:shohama1232:20160616120055p:plain

デザインも見やすく非常にわかりやすい。投資金額は最低10万円からなので他のサービスと比べると高めだが、以前は数千万円単位の資金がないとこんなアドバイスは受けることができなかった。そういう意味で、このTHEOは革命的なサービスといえるだろう。

投資を始めたいが何に投資していいのかわからない。そんな人には投資入門に最適なサービスとなっている。

投資をする時の注意点

今回は気軽に投資を始められるサービスをいくつか紹介した。ゲーム感覚で投資を始めることができるのが特徴だが、本物のお金を投じているということを忘れないことが重要だ。

特に株式投資は融資などに比べて資金の回転率が高く、どんどん取引してしまいやすい。損失が増えると取引金額を増やして一気に損失を取り返そうとしてしまったりしがちだが、大抵の場合は更に大きな損失となる。

投資を始める時はあくまで余裕資金で、かつ少額から始めることを強くおすすめする。まずは少額で投資家デビューを果たし、いろいろと試行錯誤しながら投資について学んでいこう。そして、自信がついたら金額を増やしていこう。

おすすめとしては、今回紹介したサービスにそれぞれ10万円ずつくらい入金して実際に投資してみることだ。ざっと40万円くらいかかる計算だが、40万円がない場合はもっと少額でもいい。

本物のお金で投資するから真剣になる

よくバーチャルで投資を体験できるサービスがあるが、個人的な意見としては投資初心者であっても本物のお金で投資に挑戦するべきだと考えている。

理由は簡単で、本物のお金を使ったほうが真剣になるし、よりリアルな経験を積めるからだ。投資というのは技術だけではなく、メンタルも非常に重要になってくる。損失を抱えている時に冷静な判断ができるのかどうかはバーチャルではわからない。

だから、今回は少額からでも本物のお金で投資できるサービスをいくつか紹介させてもらった。まずは少額から投資家デビューをしてみよう。

そして、ぜひとも利益が出た時の快感を味わい、投資と真剣に付き合っていってもらえれば1人の金融マンとして非常に嬉しく思う。 

いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版

いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版