World Journal

外資系金融機関勤務の著者がFXなどの投資系、金融系コラムを中心に書くブログ

英語はフレーズで覚えると学習効率が上がる

僕はいまTOEIC900点以上あるが、高校生までは全く英語ができずにいつも一番下の英語クラスにいた。なにせI am not play tennis.と平気で書いてたから英語に関しては相当ダメだった。


そんな僕でも英語学習がものすごく捗った勉強方法が英語をフレーズで覚えるという方法。英語学習は基本的に単語を暗記し、知っている文法にその単語を当てはめて文章を構築していく。ただこれだと学習が機械的で面白くないし、中々日常で使える英語が学べないという問題点がある。

それならフレーズを覚えたほうがすぐに使えるし、使う内に文法や単語も覚えるんじゃね?ということでフレーズを覚えるようにした。これがかなり効果的だった。

たとえば、That works for me(それで大丈夫)とか、Don't rush me(急かすな)とかフレーズで覚えておくと日常会話ですぐに使える。英語学習の醍醐味は、自分の英語が外国人に伝わることと、英語を話している自分がかっこいいと感じることの2つあると思う。フレーズを覚えることで、このどちらも容易に達成できる。フレーズで覚えることで、英語学習がもっと楽しくなる。

フレーズの勉強方法

ではどうやってフレーズを学ぶか?自分がよくやっていたのは映画やTEDの会話をそのままパクるという方法。特にTEDは英語字幕と日本語字幕が両方表示できるのでとても便利だ。面白いプレゼンも聞ける。下のサイトは日本語と英語を両方表示してくれるからすごく便利なので是非使ってみて欲しい。

英語が学べる動画サイト | デジタルキャスト (DigitalCast)

 2つ目はiPhoneなどの英会話アプリで勉強する方法。自分がかなり使いやすいと思ったのはこのReal英会話というアプリ。

Real英会話

Real英会話

  • LT Box Co., Ltd.
  • 教育
  • ¥400

 結構使えるフレーズがたくさん掲載されているし、定期的に新しいフレーズが追加されるのでかなりおすすめ。英語の発音もネイティブがしっかりしてくれる音声付きだ。

英語が楽しいと感じる瞬間を作ることの大切さ

英語を学習する時というのは2つしかない。1つ目は外資系で働いたり海外に行くなどの必要が迫られたとき2つ目は英語学習が楽しいと感じたときだ。必要に迫られて学習するよりも、楽しいから学習するほうが学習に対する意欲も高いから学習効率も上がりやすい。

その楽しいと感じる瞬間を創造するのが、英語をフレーズで覚えるという方法だ。意味のわからない単語を暗記するのもいいが、フレーズを覚えておくと更に英語学習が捗ること間違いなしだ。

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける