読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Journal

外資系金融機関勤務の著者がFXなどの投資系、金融系コラムを中心に書くブログ

新卒で大企業に就職したほうがいい4つの理由

f:id:shohama1232:20140325185528j:plain

http://free-photos.gatag.net/2013/06/07/110000.html

 僕はこの人のブログが大好きでよく読んでいるのだけれど、特に最初の就職先に関するエントリーはとても興味深い。というのも、僕自身が大企業に行くのかベンチャーに行くのかとても悩んでいるからだ。

資本主義の腐海のたび日記:シンガポールのとある日本人ヘッジファンド運用者のつぶやき: ヘッジファンドのキャリア構築に際して:新卒入社先の規模について 〜大手かベンチャー・中小か〜

 新卒で大企業に就職した方が良い3つの理由

上記のブログの筆者は基本的に新卒は大企業に就職したほうがいい(金融でヘッジファンドに興味があるという前提はあるが)と論じている。なぜか?

1.転職や独立の際にネームバリューのある大手企業で仕事をしていた履歴書が重要だから

転職や独立の際、ゴールドマンサックス出身と無名の中小証券出身では圧倒的に前者の方が信用も得やすいし、顧客や資金獲得の面で有利だからだ。実力があれば会社名なんて関係ないなんてことはなく、会社名が自分の実力を訴える大きな材料となる。

それはこの世に情報の非対称性があるからだ。自分の実力がテレパシーのように相手に伝われば話は別だが、なかなかそんなことはない。そこで自分の実力を他人に伝えるわかりやすいシグナルが必要だが、そのシグナルとして他人に納得してもらいやすいのが会社名なのである。つまり、今後のキャリアパスを考えるとネームバリューのある大手企業で働くことは合理的であるといえる。

2. 一般論として大手のほうがまともな教育が受けられるから

大手企業のほうが採用後の教育体制も整っているケースが多い。また、先輩や上司の仕事のクオリティも大手のほうが高い場合が多く、新卒にとって学ぶものが多いからだ。

ベンチャーや中小だと教育体制もあまり整っておらず、部署をたらい回しにされたり会社に振り回される可能性も高い。

3. 大手のほうが討ち死にリスクが減るから

一般的に、ベンチャーや中小企業よりも大企業のほうがつぶれにくい。だから、不景気になったときは大企業よりも先にベンチャーや中小が潰れていく。そのため、大志を抱いた未来ある優秀な若者が景気循環という不可抗力の影響をもろに受けて志半ばで討ち死にするというリスクもベンチャーのほうが高い。

 
倒産した無名企業の新人が次の職を見つけるというのは、よほど光るものが無い限り厳しいものになる。だから、最初はある程度安定した大企業に勤めて履歴書を美化するのも悪い判断ではない。

4.ベンチャーには後でも入れる

上記ブログをそのまま引用

ベンチャー企業や規模の小さい会社は、こと金融業界においては、新卒の入る場所ではない。ある程度大手でキャリアを積んで来て、もう大手のしがらみから離れてやりたい事を一緒に仕事したいメンバーでやりたいとか、知名度や履歴書の美化はそろそろいいから年俸の取り分をもっと上げようかとか、そう言うタイミングで入る場所だと思う。大手から小規模は比較的行き易いが、小規模から大手は一般論としては行きづらい。物事には円滑な順番がある。

これは僕も考えていたことで、基本的に上流から下流へ行く方が、下流から上流へ上るよりも効率がいい。有名企業のネームブランドは本当に役立つようだ。

大手とベンチャーに内定をもらったら大手に行け

そして上記ブログの筆者は、もし大手とベンチャー両方に内定にもらったら、新卒は基本的に大手にいくべきだとしているし、こと金融業界に関してはベンチャーなど規模の小さな会社は新卒の入るべき場所ではないしオススメもしないと締めくくっている。

なるほど中々説得力のある論調だ。この記事を読んで僕の就職先に関する考え方が大きく変わった。

ベンチャー=成長に疑問

僕は最近、ベンチャー=成長、大企業=組織の歯車という謎の式に疑問を感じている。

新卒で大企業に就職するということは、会社の歯車になること | 働くって楽しいぜ!

 大企業は安定志向・マニュアル人間で組織の歯車、成長したかったらベンチャーに行けっていうのはよくよく考えたらおかしな話じゃないか。企業のほうが大きなプロジェクトに携わることができるし、教育体制もしっかりしているし、ベンチャーよりよっぽど成長できるんじゃねーのって思ったり。

ベンチャー企業の説明会ではやたら情熱とか成長の2文字を押し付けてくるのだけど、裏を返せばもしこの2文字をベンチャーから取ったらもう何もベンチャーや中小に残らないということじゃないか?

そして、ベンチャー=成長なんていう謎の式は冷静に考えれば成り立つか微妙だ。考え方によっては大企業のほうがよっぽど成長できる機会もあるし、キャリアパスを考えるうえで有利なのだから。それに、本当に自分を成長させたいと考えている人間なら大企業であろうがベンチャー企業であろうが成長できるんじゃないかとも思う。

やっぱり新卒は大企業のほうがいい

色々考えたのだけれど、やはり新卒では大企業に就職した方が良い。就職活動を通じてそう感じた。最近の大企業はもう無理、いまはベンチャーと起業だなんて煽ってる人達にあっさりだまされないように、いま就活している人達、これから就活する人達は注意してほしい。

参考にしたブログ

新卒でベンチャー志望だったぼくが、やっぱり考え直した理由。 - Taroの(就活)日記

内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと

内定の常識 就職活動前に知っておきたかった52のこと