読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

World Journal

外資系金融機関勤務の著者がFXなどの投資系、金融系コラムを中心に書くブログ

絶対本編が見たくなるかっこいい映画の予告編20選

映画館に行くと、映画本編よりも予告編が楽しみになってきません?日本の映画予告編の編集技術ってすごいですよね。予告編の出来がすごい良くても本編がクソなんて日常茶飯事。 前回は経済映画を紹介したけど、今回はジャンル関係なし! 今回は本編の面白さ…

【投資本】今年読んで面白かった投資本のオススメ5選

年末ということで、今年読んで面白かった投資に関する書籍を紹介していこうと思う。今年は投資手法に関する書籍はほとんど読まなかった。手法なんていくらでもあるし、それよりも全体的・一般的なことを学びたいと思ったので。ではさっそく紹介していきます…

すぐに使える教養を身に付けたい人にすすめる教養書ベスト10

知的複眼思考 知的複眼思考法 誰でも持っている創造力のスイッチ (講談社プラスアルファ文庫) 作者: 苅谷剛彦 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2002/05/20 メディア: 文庫 購入: 64人 クリック: 567回 この商品を含むブログ (213件) を見る 頭がいい人の思…

読書がみるみる楽しくなる!三日坊主でも読書習慣が身につく方法

photo by melfoody 参考になるページ 読書の秋! 読書習慣のない人が習慣を身に付けるための10の方法 – ガジェット通信 読書習慣を根づかせるための工夫 | シゴタノ! 読書の時間を大切にしなさい。一冊の本との出会いがあなたの人生を変えることもある。ジ…

【書評】学歴なしコネなしで年収49億を稼いだ男のヤバすぎる物語

ジョーダン・ベルフォートは長いウォール街の歴史の中でも最もクレイジーな男として知られている。肉と魚を配達して販売するという古風なビジネスを起業して見事に失敗することから、彼の狂気に満ちた人生は始まる。 猿山の最下層から頂点へ 借金で首が回ら…

2013年読んで面白かった経済・社会系の書籍10冊

年末だし、今年読んで面白かった経済・社会系の書籍を10冊まとめてみた。 1.機械との競争 技術の進歩が労働者から雇用を奪い、人口の90%が負け組になるかもしれないと主張する衝撃の話題作。いま労働市場で何が起こっているのか、経済の構造がどのように変化…

ゼロ・グラビティ〜圧倒的映像美の新感覚映画〜

ゼロ・グラビティ観てきた。感想を一言でいうと、すごい(小並感)。久々に映画らしい映画を観たなーって感じです。映画を見終わった後の余韻がすごかった。これは是非映画館で観るべき映画の一本です。 簡単なあらすじ サンドラ・ブロック演じる女性飛行士…

これだけは絶対みるべき経済映画8選

1. ハゲタカ いきなり定番中の定番。凄腕ファンドマネージャーの鷲津が、日本最大の自動車会社を狙う外資ファンドと壮絶な買収合戦を繰り広げる金融映画。元々はNHKスペシャルで放送された全6回のテレビドラマからスタートしたが、人気に火がつき映画化さ…